2016年7月13日水曜日

秘密儀軌ツアー  七ー20ーc

 グーからのつづき

 昭和天皇組の場合、仕組みの中心基地で働かされたためなのか、今でも自由がない状態で、仕組み潰しのつぐない神行をやらされている。自力ではできないため、潰した側の先導役に助けてもらいながらのお努めなのであるが、それでも背後の伏魔殿のパワーに惑わされて、思うようにいかないのが実情である。
 先週の世界神行(バイカル湖)のところで、そこらあたりのごまかしが発覚したため、一週間のやり直しをしていただいているのであるが、いつの間にか共同作業の先導役のエネルギーが八十パーセントにまで高まってしまっていたのである。
 その形はほとんど潰れであるため、先導役の奴隷になってやり直してもらう交渉をしたのであるが、さすがにそこまで落ちるわけにはいかないということで、いろいろ苦労をされているようである。監視役のくノ一水戸さんなどは、常日頃から怒鳴り散らして声援しておられるとのことであるが、皆はソッポを向いて知らん振りをしてしまうらしい。
 そういうことならこちらが自分でやり直しますと言うと、さすがにそれは困るということで、慌てふためくといった感じで、とてもまともに進行しているとは言いがたい。それでもすったもんだの末にまともに戻りかかったらしく、一週間で規定レベルにまでエネルギーの調整ができたとのこと。しかし、自力でこなさなければ成功とはならないことの自覚は、まだないようである。
 

                       次はヤフーで。