2014年12月24日水曜日

秘密儀軌ツアー 七ー9ーe

 gooブログからのつづき

 前回のテーマは時期尚早のようで、急いで書きたくなるような課題ではなくなってしまっている。あまり間があくと気が抜けてしまうので、何とか年内にと考えていたのであるが、越年してしまいそうである。アンネ・フランクさんを中心にということであったのだが、ユダヤのからみは大きいので、いつの間にか内容がふくれ上がってしまった。今回もそうなりそうである。
 モーゼやマイトレーヤーの秘密を解明しようと思っているうちに、前々代のローマ法王ヨハネ・パウロ二世聖人が動き出してしまった。この方とは生前から異次元接触があって、仕組みに協力していただく約束がしてあった。一神教の霊界コースでありながら、神界レベルのミタマが開いていたからである。ということは翼のない天使、つまり神にならなくてはならない方ではあったのであるが、生前のあまりの栄光に目がくらんで一神教の聖人になってしまわれた。
 今年になってキリスト大神がイエスから離れて復活して、仕組みの課題に取り組むこととなって、ヨハネ・パウロ二世聖人が慌て始めた。本来はキリストの代わりに亡き法王がその課題に取り組まなければならなかったのである。死後彼がその課題を投げ出してしまったため、やむなくキリスト本人が立たなくてはならなくなってしまった。そんな感じであった。
 もっともその課題は本来はキリストのものであって、代役に頼む性質のものではない。だからその責任を問われて本人が引っ張り出されることになったのだろう。もっともキリストは総合先導役をアトランティスに埋め込む働きをさせられていて、動けない身であったということではあったのだろう。しかしいつまでも埋まっているわけにもいかなかった。地球科学が宇宙科学に繋がってしまって、科学者の仕組みが動き出してしまったからである。そのため旧体制の封じ込めの呪力がほどけることになり、目覚めていたアンゴルモアがうごめき始めた。
 しかし、アンゴルモアは仕組みの総合先導役を埋め込むことができなかった。キリストから引き継ぐようにして仕組みの先導役を封じ込めなくてはならなかった旧体制の妖怪大王は、それでもマイトレーヤーを横目で睨み付けながら、ハイラーキー経由の中国領域で頭をもたげ始めた。宇宙科学は踏襲されたが、仕組みを潰すことはできなかった。そのためキリストが立ち、ヨハネ・パウロ二世までが仕組みに復帰し始めてしまったのである。今ヨハネ・パウロ二世聖人はキリスト神行に合流して働き始めている。
 
                    続きは楽天ブログで

2014年9月5日金曜日

秘密儀軌ツアー 七ー8ーb

 ヤフーブログからのつづき

 前回最初のムッソリーニ総統のツアーからもうひと月余りが過ぎてしまった。続けてすぐ書こうと考えていたのであるが、ヒットラー、昭和天皇との三点セットということになるので、昭和天皇の護国神社調整行の成否を確認してからにしようと思ったのが悪かった。香淳皇后をお連れになられての昭和天皇の調整行は、現在七か所ほどを終えられているが、順調に進行して、戦犯組の男女の参加者も次第に増えてきている。
 この調子であれば最後までやり遂げることは可能であろう、という確認ができ始めたここにきて、こちらのこともそろそろ書いてくれと、ムッソリーニ総統がせっついてくるようになった。今まではあちらも遠慮し、こちらも気を使うという感じで、積極的に取り上げられる状況ではなかったのである。ところがひと月もほったらかしにしてしまうと、あちら様もじれ始めたようで、こちらとしてもこれ以上先延ばしにすることができなくなってしまった。
 もっともムッソリーニ総統という方は、秘密儀軌にふさわしい方のようでもあって、亡くなられた後も殺されて埋められたというよりは、秘かに特別な場所に隠れ潜んで謹慎しておられた、というのが正しい異次元情報のようなのである。ヒットラー総統もそうであったように、彼も政治的な呪詛や神秘的な封じ込めを受けて、墓所に地縛になっていると考えられていたように思われる。ところが秘密儀軌を隠して逃げ回る彼をとらえてみると、そこにはとんでもない事実があったのである。
                       続きはエキサイトブログへ

2014年7月9日水曜日

秘密儀軌ツアー 七ー7ーb

 ヤフーのブログからのつづき

 キリストの死体が見つかったのは偶然だったが、その背後では必然的な仕組みのエネルギー調整が行われていたように思われる。というのは米国のフォーク歌手であったミミ・ファリーニャがらみになって、事が進んでいったからである。彼女はクエーカー教徒、それにテンプル騎士団との調整も続いていた。(その両教団のことは2月頃のツアーで解説済み) 
 その頃は何かにつけてミミがこちらに接触してきていた。彼らキリスト教徒の熱心な働きが、仕組みに関係がないはずはないということで、いろいろとそちらとの調整を続けていたのであるが、ある日聖霊キリストの身体についての話になった。聖霊キリストとは神なのか、天使なのか、人間なのかわからなかったからである。
 というのもキリストは、宇宙の上層部にある小枠(五千億の体系宇宙が集まっている全宇宙の現場)の、中心代表だったというルーツがあるからである。その神がなぜ地球まで降りてきて、イエスという真柱(父神)系のユダヤの人間の中に入らなくてはならなかったのか、そのことが気になって調べていた頃のことであった。
 その背景には仕組みがあることは確実であったが、なぜその彼が地球人間の仕組みにかかわらなければならないのか、その秘密を知りたくなったのは、キリストとセットのマグダラのマリア(長女系の母神)の神行とのかかわりがあったからである。(この件に関しても異次元回廊のP159で解説済み)マグダラのマリアがギリシャ系のユダヤ人であり、イエス・キリストに救われた伝承からはわからないが、マリアとキリストは上層部の宇宙領域では夫婦であった。その両者が同時に中東の霊界の仕組みに現れて、現地系のキリスト教が創出されたということは、その背後に相当重要な何かが隠されているとしか思えない。しかしマリアはキリストの身体のことは知らなかった。
                       次はビッグローブのウェブリブログへ

2014年5月31日土曜日

秘密儀軌ツアー 七ー6ーf

 ビッグローブからの続き

 マリア・カラスさんが女王になりたがるわけは、いくらオペラの女王であっても、王侯貴族のなぐさみものでしかない、いくら血の出るような努力をしてもその壁を乗り越えることができない、そうした思いがあるからだった。そのことは接触し始めた頃に確認したことで、財閥のオナシスと結婚したのも、そこらあたりに原因があり、その頃映画「王メディア」の映画も撮っている。
 それでも満たされることなく、彼女は仕組みの佐田と接触することで、新しい可能性を見出したのであった。そして今宇宙で女王の道を歩み続けている。屈辱的だったエリザベス女王をもう超えた、と今の彼女は感じているようだが、まだ上があることに不満があって、引き続き頂上を目指して努力を続けているのだという。彼女は天才でもあるが努力の人であった。
 このことをマレーネ・デートリッヒに言うと、彼女は知らん顔をするのだそうだが、脇から「往年の美声はどうしたんだ!」という声が上がった。「秘密儀軌なんかやっているからだ。もっとおおらかに表で活躍すれば?」と言うのだが、何も答えない。「往年の美声はどうしたんだ!」と昔の兵士が叫んでいる。「婆さんですか?」と聞くと、「そうなんだ」という答え。「若い姿でやれば?」と言うと、「人形は嫌なんだ」と叫び返してくる。「だったら‥‥」と言ったとたんにヘドロ化してしまったという。
 彼女は魔女狩りの刺客を恐れており、それでこうした神秘領域の問題から隠れようとしているらしい。母親が心配して、常にこちらとの対応を注視しているようなので、そちらと絡めて調整することになった。母親の娘に対する思いを確認してみると、魔女の系譜を引き継いでほしいとのこと。マレーネも母親との約束を破るわけにはいかない様子。しかし彼女には魔女の才能がないようなのだ。
 魔女より女優の方がいいと言うマレーネを母親が許さないようなので、今度は母親の説得に入ることになった。魔女の能力は妖婦になって現れているのではないのかと。何も魔女の変な技術を学ぶ必要はないのではないのかと。天性の魔女の能力が発現しているのだからと。お人形にさせてあげたらいかがですかと。それを聞いてマレーネは喜んだ。そしてやっとこちらとまともに対応するようになってきた。
 そして彼女は若い頃の姿になってドイツに現れた。そしてたちまちスターの座を取り戻した。マレーネは満足していたが、母親は考え込んでしまった。人形のままで生きることを望む先祖は多い。長い宇宙生命の流れの中で、輝かしい業績を上げたお人形として生きることは、ある意味で正当な権利ではないのだろうか? 飽きるまでやらせてあげたらいかがですかと言っておいた。

2014年5月7日水曜日

秘密儀軌ツアー 七ー5ーf

 前のツアーeのウェブリブログ(ビッグローブで、徳川家康公には白本尊と黒本尊の思想があり、白が安国、黒が戦争を守護する存在として、表と裏に二体を御本尊として置いた、それが増上寺にある安国殿の阿弥陀如来の念持仏であるということを書いた。家康公は黒く変色した念持仏を裏側に、金箔の念持仏を表側にして祭って天下を治めようとしたのだろう。
 それはそれでいいのであるが、如来とは本来女性が成仏した存在で、元々の男の仏とは立場が違う。男の場合は阿弥陀仏にはならず、地蔵仏となるからである。白と黒を言うなら、男と女で合わせなくてはなるまい。その場合、白は男、黒が女となってしまうのである。なぜなら女は魔的な存在として作られているからである。
 この問題は創造段階での作り間違いのくわしい説明が必要なのだけれども、女は男にならなければ悟れないという思想は、そこまで遡るものだと思われる。阿弥陀如来はヒツジヒメ系になるわけであるが、宇宙の中心にある旧体制の代表部には、盟主はじめ大神(オオクニヌシの背後の魔神界に、口の避けた本来のヒツジヒメ魔神大神が控えていて、行政府の長として宇宙を司っている。黒本尊というのはこの女性のことなのである。
 表は男の仏、地蔵仏(クニトコタチで、阿弥陀如来より格下である。白本尊と言うならこちらで、安国を説くならお地蔵さんでなくてはならなかった。黒本尊は魔神の戦の神で、世界を支配するヘビ女、そして世界を操るクモ女なのである。それでは具合が悪いので、男に成仏させて阿弥陀如来とし、戦争を守護させているのであろうが、それでは仏界裏の妖怪神から暗黒と言われても仕方がないのではあるまいか。男の地蔵仏がおられないのだから。子供地蔵は安国殿脇にわんさとあるが。
 世界が黒く染まっていく背景にあるのは、そうしたものの影響ではないかと今までは考えていたのであるが、ここにきてどうもそれだけではないように思われ始めた。そのことの件については、次のgのヤフーのブログで語ることにしよう。

2014年2月18日火曜日

秘密儀軌ツアー 7ー4

 仕組みが変化発展したため、なかなか書かせてもらえなくて、ご無沙汰しております。単発のエピソードならこれくらいでもいいのですが、連続物になっているため、もう少し早い方がいいと思っていたのですが、ミミ・ファリーニャさんが変化していく過程があるため、もっとゆっくりでいいなどという意見も出てきております。
 しかしその仕組み的進化に関しては、また別の問題になりますので、そちらの方はいずれ異次元回廊などで、取り上げさせてもらう方がいいのではないかと思っております。彼女はすっかり仕組みに目覚めてしまっておられまして、かなり激しい展開になっているのです。
 前回あたりの段階では、まだまだ疑いの目で見ている感じでしたので、いろいろとたぶらかされて振り回されておられました。たとえば彼女がアトランティス系であるとわかってから、カリプソ大神と接触しながら、いろいろ自分のルーツの確認などもしておられたようでした。
 彼女はギリシャ系ではないようで、地元系のブラザーフッドから拒絶されたり、アーサー王系のドルイドではないかと言われたり、テンプル騎士団との対極設定になっているとわかると、さらに激しく振られたりと、歌手とは違う活動をし始めたのでした。マグダラのマリア大神との接触を試みたり、太陽系を忙しく動き回らなくてはならなくなったのでした。
 彼女は死後二十三才のアイドル人形にされていたのですが、今ではロボットを脱ぎ捨てて五十二三才にまで成長されているとのこと。彼女はアイドルと言われるのを嫌って、自分は戦士なのだと主張される。さすがはクエーカー教徒、その激しさは人並みではないようです。テンプル騎士団との対決がそうさせるのでしょうか?