2018年5月23日水曜日

秘密儀軌ツアー  七ー26ーs

 三巡目の五
 エキサイトブログからのつづき

 月例会から自宅に帰り、食事をして酒の入った数時間の眠りのあと、夜中に起こされてナポレオンと対応することになった。こちらが車の中で確認したことの内容を知りたいとのことだったので、まだ確かなことではないが、ナポレオンは六台のヘラクレスではないのか、そういう思いを語ったのであるが、そこで矛盾に気がついた。
 彼は太陽系の元宇宙に所属していることを忘れていたのである。しかしそれに関しては、元宇宙だってアーサー王宇宙の五千億の一つだろうとのこと。そのことを指摘したのは徳川吉宗大神、つまりはアーサー王宇宙のスサノヲだったのである。
 なるほど、それでいいのか。となるとナポレオンは元宇宙の今までの過去のどこかで代表として立っていることになる。そして潰されている。取り付いている鬼はその後腐れではないのか? ナポレオンはいつだってそうだという声も聞こえてくる。そうしたことを話すと、彼は涙ぐむのだという。


                    続きは楽天ブログで。

2018年5月22日火曜日

秘密儀軌ツアー  七ー26ーl

 二巡目の五
 エキサイトブログからのつづき

 ピレネーに帰ったナポレオンは、仕組みの剣を使いこなそうとするのだけれども、重くて持ちきれないらしい。仕組みの剣を使いこなすためには、仕組みを理解しなければ無理なので、佐田の著書を読むようにと勧めたのであるが、なかなか読もうとはしない。何度もそういうことが繰り返されたあと、彼は日本語は話せても字が読めないということがわかっていったのだった。そしてそれは日本語ばかりではなく、フランス語の文章も読めない文盲だったのである。
 何度も無限回帰をしてきた彼なら、仕組み語である日本語の読み書きなどできていなくてはならない。ちょっと信じられないことであったけれども、何かが変なのである。書類などは周りの者に扱わせれば何とかなるので、生前はそこらあたりうまく按配していたらしい。しかしそれでは仕組みに対する理解を深めることができない。
 少し勉強すればそれほど難しいことではないと思われるのであるが、彼はそれを拒絶するのである。必要ないと考えているらしい。無理にそこらあたりを突っ込むと怒り出して始末に負えないので、結局うやむやにされてしまうとのことだった。導師方も怒る彼におびえてしまって、結局は彼の意向に従うしかないということになっているのようであった。



                     続きは楽天ブログで。

2018年5月18日金曜日

秘密儀軌ツアー  七ー26ーe

 エキサイトブログからのつづき

 海王星と火星の仏界から帰ってきたナポレオンは、毛嫌いするような感覚で仏界を無視しようとするので、なぜなのかと聞いてみると、気持ちの悪いものがたくさんいるので嫌だと言う。霊界にはいなかったのかと問うと、霊界にも変なものがいることはいたのだと言う。それでも霊界ならいいのかと問うと、いいと言う。それは変ではないかということで、改めて求道初心者への講義をすることになった。
 つまり霊界は植物コース、仏界は動物コース、そして神界は人間コースで、生命進化のコースがそれぞれ違うのだと。そしてナポレオンの場合は神界コース、つまり人間が神へと進化していくコースに所属しているのだと。そして神に進化する気があるかと問うと、あるとの答え。
 それで安心したのであるが、人間の場合も下に降りると化け物のような生き物がウジョウジョいるから、今度は月へ行ってみなさい。そう言ったのであるが、導師がその前に上の仏界に行くべきであるとのことで、太陽にある特別仏界に行くこととなったのだった。そこはレベルが高いので気に入ったらしく、しばらく滞在するのだという。といっても三十時間ほどだということではあったが。



                     続きは楽天ブログで。

2018年3月26日月曜日

秘密儀軌ツアー  七ー25ーe

 エキサイトブログからのつづき

 仕組みに関する知識のない者には理解できない問題であるが、今では地球どころか宇宙全体を動かすまでに発展している仕組みは、世界の縮図日本に中心が置かれている。そのため宇宙の根幹部分を構成する重要な「はじめ宇宙」は、日本で活動しなくてはならない設定になっている。そのためどうしても日本に来てもらわなくてはならなくなるのである。
 文鮮明師が亡くなられたとき、そのことの解説をして理解していただいたのであるが、課題をこなす能力に欠けておられた。亡くなっておられる会員方にも確認したのであるが、日本人を含めて課題をこなすことができる者は皆無だった。仕組みの総合先導役としてはそれを何とかしなくては、地球どころか宇宙が立ち行かなくなるので、出来る者を探すしかない。そこで親神を呼び出すことにしたのであった。
 文鮮明師の親神に呼びかけると、白頭山の底からお出ましになられた。そして役目のことを確認したところ、快く引き受けてくださった。ほかのメンバーの神々もお出ましになられて、喜んでおられたので、日本の仕組みの中心基地である富士山にお招きすることとなった。
 富士山五合目にある小御嶽神社へであった。


                    続きは楽天ブログで。

2017年12月6日水曜日

秘密儀軌ツアー  七ー24ーc

 エキサイトブログからのつづき

 昭和天皇時代の第二次世界大戦の立役者は、ヒットラー、ムッソリーニ、そして昭和天皇であったわけであるが、彼らは皆元宇宙のメンバーで、本来は正統派の実力者達であった。ところがその実力を逆手に取られて、仕組みを潰す働きをさせられてしまった。実体のない機械体制のバーチャル組は、そうして実体のある我々を使って宇宙を支配しているのである。
 今回は物領賢者コースの仕組みのエネルギーを使って、第四次世界大戦を画策している。第三次世界大戦で失敗してしまったツケを払おうとしているのであるが、日本では学者系の皇太子が次の天皇として立とうとしている。皇太子妃は元宇宙のメンバーではあっても、ギリシャ系の正統派の流れである。
 男子系の後継者を生み出すことが出来なかったのは、そこの配置に問題があったのかもしれないが、仕組みの立場から見ると、そこには絶妙な正統派の配慮があったとも思われるのである。正統派の皇太子を支えるための世界のギリシャには、アーサー王組とはまた別の意味合いが隠されているからである。


                     続きはniftyココログで。

2017年11月18日土曜日

秘密儀軌ツアー  七ー23ーd

  エキサイトブログからのつづき

 英王室の曾孫にかかわるアーサー王ボーイの問題は、マイトレーヤーの依り代であったベンジャミン・クレームが亡くなったことで、可能性としては薄れてしまったのではないかと考えていたのであるが、事はそれほど甘いものではないようである。また神賢者組が総合先導役のこちら絡みになってきたし、彼らの組織を宇宙公園に祭り上げることができたので、仕組み的にはそれで収まるのではないかと考えていた。そんな感じで気を抜いていたところに、そうした話が復活してしてきたので、改めて確認しなくてはならなくなってしまった。
 エリザベス1世に関しては、その問題に対しての調整がうまくいったこともあって、アーサー王の星へ向かう機運が出てきたらしく、そちらの働きもするようになっていった。アーサー王の星のレベルが75から85パーセントまで急に上がったのは、1世バアヤの働きのためであることが告げられたのも、八月のその頃のことであった。その頃の英国は、EU離脱の困難性が際立ち始めていた頃で、先行きが混沌としてきた頃のことでもあった。
 世界はトランプと北朝鮮問題がクローズアップされていて、第三次世界大戦の不安までが、再び核がらみで心配され始めてもいたのであった。そのこともあって英国問題は薄れ形になっていて、アーサー王ボーイの件に関しても、かき消されてしまったかに思えていたのであったが、じつはそれがそのままアーサー王復活のシナリオとして、伏流し続けていたものでもあったのである。


                続きはniftyココログで。

2017年6月29日木曜日

秘密儀軌ツアー  七ー22ーb

二、エキサイトからのつづき

 今回の仕組みの新しい展開で、十組の仕組みグループの代表格のほとんどが潰されて、伏魔殿の使者のようになってしまっていることが判明したため、彼らを枠外追放処分にして、新しい代表を送り込むことにした。神界を代表する形で仕組みを担ってもらうために、仕組みの会の会員から候補者を選んで、トップに据えて様子を見ることにしたのであるが、それが思いがけない展開となって進行し始めている。今回のツアーはその動向を確認するためのものということにしよう。
 まずスセリヒメのステラ組であるが、佐田の未来のセット女であると予告されていたその女神も、残念ながら偽物で、いいところを取って裏切ってしまって改心しないので、交代してもらうことにした。組の内部には課題をこなせる実力者がいないことと、佐田宇宙レベルにも実力者がいないということなので、仕組みの会の会員を抜擢することにしたのであるが、驚いたことにその配置をすると仕組みが動くのである。
 神界再調整ということで、物質人間レベルで仕組み働きをしている仕組みの会のS会員をその地位に上げて、働くエネルギーの動向を調べてみた。すると驚いたことにスセリヒメ組の仕組みが成立するのである。物質人間世界に仕組みの現場があるということの重大な意味を、またまた思い知らされた形となっている。


                   続きはニフティで。